私たちは、基学を設立するまで約20年にわたりこの世界、社会の仕組みやあり方にずっと大きな関心を抱いてきました。「どうしたら誰とも競い合わずに調和的な循環が起こる世界が実現できるのか?」にずっと問題意識をもってきました。

時には「全体(私たちの集合知=集合意識を超えた超意識)」と呼ぶべきところからのメッセージも受け取りながら、私たちはライフワークとして、現在もこれらに向き合い続けています。

私たちの提唱する基学は、知識の体系ではなく、本来私たちが備えている感性を取り戻すための学びの体系です。渡鳥が、誰が教えなくても、目的地に向かって間違うことなく飛び立てるように、本来私たちは、自分の人生の方向性も、この世界の問題の解決策も、どうすればみんなが幸福になれるのかも、すべて知っています。ただ今は、その情報や「叡智」(すべてを活かす根源、エッセンス)を受け取る感性と疎遠になったり、切り離した生活を送ってしまっているだけなのです。

よく言われるように、確かに、すべての答えは自分が知っています。けれど、その知っている自分になるためには、未来に向けて「叡智」を受け取る感性を養う(取り戻す)必要があります。「叡智」は時間や空間、次元を超えて私たちを活かす根源的な知性でありエネルギー・エッセンスです。その「叡智」は常に、私たちに一つ上の次元からの解決や真の繁栄の方向に進むよう促し、働きかけてくれています。ただ、それは今までの私たちの教育や在り方とは異なる思考や感性からのアプローチです。それを観じ(感じ)、受け取り続けるには、目には見えないその「叡智」と共鳴したいという明確な意志や魂レベルでの決意(『思い出すこと』)が不可欠です。

基学では、「叡智」に触れ未来に導くタイムウェーバー・対面セッションと「叡智」と共鳴し人生の最適化を促すテクノロジー・コーチング100日コースを主事業として行っています。基学の活動は、すでにあるもの、宇宙の法則や自然の叡智をみなさんと共に再発見し、気付き、思い出し、人生も社会もこの世界も、本来の豊かさと調和の在り方で溢れさせていくための未来への架け橋となるものです。

私たちもみなさんと共に、さらに学び続けます。「叡智」とつながった本来の豊かさと、調和の世界・調和の社会に向けたプロセスを、みなさんと十二分に分かち合えることを楽しみにしています。

基学代表  かまた たろう
共同創業者 Takako Ito

プロフィール

かまた たろう(テクノロジ・コーチング、中小・個人事業ビジネス・リサーチ担当)

基学代表。1973年生まれ。
静岡大学大学院法学研究科(法学修士)卒業。
行政職、フリーランス、不登校カウンセラーを経て、通信制高校の統括職を経験(13年間)EFT(感情解放テクニック)、選択理論心理学などを学び、通信制高校の草創期の運営に尽力する。
2022年3月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院(経営学修士)卒業 経営管理指導士2級
2022年5月 これまでの学びと実践を踏まえて、共同創業者とともに基学設立。
現在では、主にテクノロジー・コーチング100日コースにて、人生の最適化の提供に注力している。


Takako Ito (対面セッション担当 タイムウェーバーなど)

共同創業者。1963年生まれ。
周波数調律師。
幼少期より直感力にすぐれ、ヒーラー、セラピストとして20年以上のキャリアを持つ。
学んできたことは、ハワイアンロミロミ、アクシオトーナル・アライメント、チャネリング、エネルギーヒーリング、オンセラ療法、DRT…など多数。
現在では、これまでの経験と学びを活かして、意識の目覚めへと導くセッションを手掛けている。
趣味は温泉、お散歩、ペットと遊ぶこと(犬とオカメインコ2羽)。